まつりーと We love MATSURI

シットロト踊り (しっとろとおどり)

都道府県:高知県

祭基本情報

300年以上続く、魚の供養と豊漁祈願の踊り

祭概要

シットロト踊りは漁業の町ならではの「魚供養」「漁招き」を祈念する踊りで、古来カツオ漁業の「夏がれ」にあたる旧暦6月10日の早朝から1日を通して無ると町内の神社、仏閣等約30ヶ所に奉納する芸能で、昭和38年には高知県無形民俗文化財に指定されています。
シットロトという名は音頭唄に出てくる「シトロ」に由来したもので、シトロとは踊りに使われた赤白青色の紙房を飾りつけた竹棒のことで、今日では日の丸の扇に変わっています。
由来については約300年前に三蔵と言う船主が毎朝奈良師の浜で魚供養と漁招きを龍宮様に祈りながら自分で作った唄を唄って踊ったのが始まりとか、人魚に教わった踊りである等諸説あり、はっきりとした由来は伝わっていません。
踊り子は浴衣姿にテゴ、色とりどりの猿の人形の付いた笠、足袋、ワラジに日の丸の扇子を持って円になり、音頭、太鼓、鐘を囲んで踊ります。猿の人形には「難を去る」「災いを去る」という厄除の意味が込められています。

祭基本情報

祭ID F1162
祭名称 シットロト踊り 
(しっとろとおどり)
祭タイプ 踊り、装束行列
一般募集 不明
ホームページ http://www.muroto-kankou.com/ 
開催場所 高知県室戸市
開催時期 7月 (毎年旧暦6月10日)
祭り情報掲載日/
最終更新日
2016年03月04日/
2016年03月04日
問い合わせ先 高知県漁業協同組合 室戸統括支所
担当: ()
TEL:0887-22-1211

祭情報掲載者

地域伝統芸能活用センター まつりーと事務局2
メールアドレス:support@matsuri-info.com