まつりーと We love MATSURI

窪野の八つ鹿踊り (くぼののやつしかおどり)

都道府県:愛媛県

祭基本情報

鹿踊りの中でも古式を伝える国の無形民俗文化財

祭概要

窪野の八つ鹿踊りは、例年4月、三滝神社の大祭の日に社前に奉納されてきたものです。哀調を帯びた旋律とそれをきざむ弑さな太鼓の音が谷間にこだまし、素朴だが優雅な趣が深いです。踊りの概要は、道行き~庭入り~長唄~音頭の舞~むすびと流れて小一時間の舞となります。一匹の雌鹿をめぐっての雄鹿の争いが繰り広げられます。この踊りの起こりは、仙台伊達正宗の長子秀宗の宇和島入封がきっかけとなり、この地域に伝わったというのが通説ですが、窪野地区ではそれより早い時期とする説もあります。後にこの地の庄屋の矢野惣左衛門が、友を連れて先代までおもむき、本場の踊りの師匠を連れ帰り、鹿笛、鹿唄、長唄、音頭唄、振りつけなどを約半年かけて手ほどきを受け、現在の形になったと言い伝えられています。串屋地区の住民が中心となり保存伝承につとめていますが、過疎と少子高齢化により伝承保存に困難が生じています。

祭基本情報

祭ID F1150
祭名称 窪野の八つ鹿踊り 
(くぼののやつしかおどり)
祭タイプ 踊り、装束行列
一般募集 不明
ホームページ http://www.seiyo1400.jp/ 
開催場所 愛媛県西予市
開催時期 4月 (毎年4月第3日曜日)
祭り情報掲載日/
最終更新日
2016年01月20日/
2016年01月20日
問い合わせ先 西予市城川支所産業建設課(西予市観光協会城川支部)
担当: ()
TEL:0894-82-1111

祭情報掲載者

地域伝統芸能活用センター まつりーと事務局2
メールアドレス:support@matsuri-info.com