まつりーと We love MATSURI

壬生の花田植 (みぶのはなだうえ)

都道府県:広島県

祭基本情報

稲作の平穏と豊穣を願う伝統行事

祭概要

「壬生の花田植」は、約600年前の室町時代とも云われる「はやし田」の習俗を継承する民俗芸能です。牛による代掻きから田植えが終わるまでの作業を郷土芸能として伝承しており、笛や太鼓ではやし、田の神様とされる三拝さんの音頭で、絣の着物に赤い襷や腰巻で着飾った早乙女が田植え唄を歌いながら苗を植えます。その優雅な田園絵巻は、総勢百人にも及び、西日本に残る田植え催事としては最大の規模を誇り、「川東田楽団」と「壬生田楽団」がその伝統を伝えています。1976年(昭和51年)には、国の重要無形民俗文化財に指定され、2011年(平成23年)にユネスコの無形文化遺産に登録されました。

道行きは壬生商店街から会場の田んぼに至る街頭で繰り広げられ、地元壬生小学校の児童による「こども田楽」、みごとに飾り付けをされた十数頭の飾り牛、早乙女が奏楽を伴って演ずる街頭での田楽などと続き、小さな商店街はこれらの行列をとりまく観客でいっぱいになります。

会場の田んぼでは、飾り牛の到着を待って代掻きが始まり、田楽団が打ち鳴らす笛や太鼓にあわせて一大田園絵巻が繰り広げられます。

祭基本情報

祭ID F1069
祭名称 壬生の花田植 
(みぶのはなだうえ)
祭タイプ 田遊び、御田植など、田楽
一般募集 不明
ホームページ http://www.kitahiro.jp/special/mibu_hanadaue/mibu_hanataue.h tml 
開催場所 広島県北広島町
開催時期 6月 (毎年6月第1日曜日)
祭り情報掲載日/
最終更新日
2015年03月10日/
2016年06月29日
問い合わせ先 北広島町観光協会
担当: ()
TEL:0826-72-6908
メールアドレス : kankou@khiro.jp

祭情報掲載者

地域伝統芸能活用センター まつりーと事務局2
メールアドレス:support@matsuri-info.com